看護師 離職率

看護師と離職率

離職率が高い職業として看護師が有名ですが、どうしても転職率も高い数値になります。

 

そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが増えています。

 

 

 

看護師の求人に特化した転職サイトであれば、手際よく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、十分な時間を取れない現役の看護師に最適です。

 

最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも一緒に活用することをお勧めします。
実際の看護師資格取得の難易度はどれ程のものなのでしょう。
試験の合格率ですが、毎年90%前後のようです。

 

 

 

内容も専門学校や大学の講義をちゃんと学習していた人であれば合格できますので、それほど看護師の資格取得は難しいものでもないようです。意外に思うかもしれませんが、看護師が働く現場として保育園もあるのです。
職場が保育園となると、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、最適な職場でしょう。

 

 

保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児の体調管理と共に、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという働きがいのある仕事です。

 

どうしても、看護師という職業においては喫煙者がそれほど多くないという印象を受けますよね。

 

実際にはその印象は間違っておらず、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。

 

病院で勤める以上、煙や臭いをつけないよう、意識的に禁煙している人が多い状況だと想像できますね。看護師になろうと思っていました。

 

でも、色々と事情があって就職し、会社勤めをしていました。
ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。

 

転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも考えましたが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、看護助手として勤務しながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。
諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。免許が必要な専門職である看護師は、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。

 

 

 

結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった単に私事からの転職もよくあるものの、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。
転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。
例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。

 

top〜ナース求人 ランキング