看護師 公務員

看護師で公務員になる方法

あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。

 

 

 

それは公立機関や国公立病院で働く以外ありません。そもそも、看護師は専門職で長く勤務することが出来る安定したシゴトだということで注目されていますが、公務員のメリットをいかす事も出来れば一層安定した職業になることは確実です。
給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは何よりも魅力的だと思います。
法律において、看護師というものは医師(名医と呼ばれる人からヤブと呼ばれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)が診療をする際に、その補助を行う存在です。

 

 

看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、医師(名医と呼ばれる人からヤブと呼ばれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)から指示された場合は、可能な場合もありますただ、患者さんの状態によって、切迫した状態では、経験を積んでいる看護師に限り、医療行為も少しぐらいは認められる必要もあるのではないかと考えます。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」とねがうのなら、一にも経験、二にも経験となります。
万能の取扱説明書があって、それをおぼえれば大丈夫というような単純な業務とは言えませんから、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。

 

 

そうした中、「看護師としてもっと上を目さしたい」というワケで別のシゴト先を探す人も一定数います。

 

 

最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院でさらに能力をアップさせたいとねがう、ポジティブな考え方の転職ですね。

 

 

 

あまり意識されたことは無いかも知れませんが、看護師にもそれぞれ階級があります。高い階級から言うと、ほとんどの病院では看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。どのようにして階級を上げるのかというと、その病院での勤務を長くするなど、周囲の信頼を得ることが重要です。

 

当然ですが、階級が高い程、年収や待遇は良くなるでしょう。

 

看護師にとってやはり辞職を考えることも往々にして起こります。おシゴトに関する失敗だけでなく患者さんとのトラブルなどもあるのです。

 

 

 

そうはいっても、やりがいがあると感じることも多くあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。

 

現在わが国では、経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。ですが、看護師国家試験の勉強をして3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には帰国する必要があるのです。
働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、あわせて、国家試験対策をしなければならず、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。