看護師になりたいという夢

看護師になりたいという夢

知人が看護師として働いていたのですが、大病を患ってしまっていったん退職しました。

 

しかし、完治させた後は、早速現場に戻って、今も看護師の職についています。
数か月間、仕事から離れていても、有利な資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。
私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。
子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、色々と事情があって就職し、会社勤めをしていました。

 

ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。
資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する事も選択肢の一つでしたが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、
現場で看護助手として働くと同時に看護師の資格が取れる方法があると分かりました。
夢だった看護師の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。

 

 

 

看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。
その時、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。
さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、転職することを決めたのでした。
決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。

 

検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、こうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、
もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだとつくづく実感したものでした。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べるとかなり特殊であり、その上に職場によっても変わってきます。

 

職場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回している場合が多いでしょう。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、
3交代制のシフトの病院が多いでしょう。でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。

 

看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。
なかなかきつい仕事であることは確かですし、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、医療現場である以上、
緊張の度合いも相当大きく、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。

 

そういったことをわかった上で、看護師という仕事を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、
短所を帳消しにできる意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。

 

結婚相手として看護師の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、なぜ結婚できない看護師が多いのでしょうか。
調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については両極端だという事が指摘できるのです。
挙げられる理由としては仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、地位を上げるために婚期が遅れるようです。

 

総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、看護師が働く現場として保育園がある事をご存知ですか?
保育園に勤めるということで、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、最適な職場でしょう。

 

 

 

保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児の体調管理と共に、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという必要不可欠な仕事なのです。

 

 

 

数年前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、近年ではだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。
看護職においては、患者の移動の際や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。
お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、
その分より職業的な高みを目指していけるということです。

 

ナース求人ランキング、希望の転職先がココに!!