看護師は高収入だというイメージが強い

看護師は高収入だというイメージが強い

世間から見ると、看護師は高収入だというイメージが強いです。

 

場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、大変な仕事ですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると安定的に待遇が良いのが目立ちます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。
こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってしまうのが志望の理由付けです。

 

どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのは簡単ではありません。

 

高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、やる気を印象付ける言い方をしたほうが採用に結びつきやすいと思います。
育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。
特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、夕方までの時間帯のみ働けたり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが選べると良いですね。

 

子育ての期間だけ看護師を休業するという人も多いですが、育児にはお金が必要ですから、看護師の資格を無駄にしない転職先を見つけられるといいですね。高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。

 

Wワークに向いた仕事も様々で、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。
ただ、本業の医療機関においてWワークを禁じていることがあったり、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。

 

看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊である上に職場によっても違ってきます。

 

 

職場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているというケースが多いでしょう。

 

2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。

 

ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方が人気があります。結婚のタイミングで転職してしまう看護師も少なくありません。
パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職する方が良いでしょう。

 

いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職をしてしまうのが良いと思います。イライラしがちだと子どもができづらくなってしまうので、要注意です。
交代勤務を代表に看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。

 

 

入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、きちんと申し送りをする看護師に引き継がなくてはいけません。
伝言程度で終わるケースも少なくないですが、症状に対する重要な処置の方法などに関しては間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。
今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。

 

事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったシンプルな仕事でもないため、実地に経験していくしかない、ということです。
向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから新しい職場を探す、という人も少なくありません。
救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、とてもアグレッシブな転職になります。